LHEDP (Laser High Energy Density Physics) simulation

レーザープラズマを対象とした輻射流体コード、ハイブリッドコード、電磁粒子コードの開発、並びにこれらを用いた高速点火方式レーザー核融合やレーザー加速、レーザープラズマ光源開発等、レーザー高エネルギー密度現象を対象としたシミュレーション研究を行っています。

We are developing simulation codes ( (a) radiation-hydro code, (b) particle-fluid hybrid code, (c) relativistic electromagnetic particle code) and studying on various laser-produced high energy density phenomena (e.g., fast ignition laser fusion, laser acceleration, laser light source) using these developed codes.

DT核融合反応の模式図

Schematic view of DT fusion reaction

高速点火核融合燃料加熱シミュレーション

Core heating simulation in fast ignition

核融合燃焼シミュレーション

Nuclear fusion burn simulation

ハイブリッドシミュレーションの一例。抵抗率の異なる物質境界に生じる抵抗性磁場を利用した高速電子ビームガイディング手法の確立。シミュレーションにより予測し、大型レーザー装置(大阪大学レーザー科学研究所 LFEXレーザー)を用いた実証実験を実施。


 

An example of hybrid simulation. Establishment of fast electron beam guiding scheme using resistive magnetic field formed at the contact surface between materials with different resistivity. We predict the guiding performance by hybrid simulations, and then experimentally demonstrate it using one of the world's largest Petawatt laser "LFEX" (ILE, Osaka University).